MENU

職場で好意を伝える方法

ハート

ミスも活かし距離を縮める

社内恋愛は、普通の恋愛と違い大っぴらにはしにくいため、気になる人へのアプローチは難しいものです。今回は、さり気なく相手との距離を縮めるための方法をご紹介していきます。1.愚痴ではなく相談をする気になる相手となるべく話したいからと言って、仕事の愚痴ばかり話してしまうとネガティブな印象を与えかねません。仕事のことを話すなら、愚痴ではなく前向きな相談をするように心がけましょう。人は相手に「頼られている」と感じると心地よいものですし、あなた自身にも明るく一生懸命な印象を持ちます。2.ミスをフォローする好意を抱いている相手が職場にいると、つい姿を目で追ったり、相手が作った資料やメールに目がつきやすくなります。その分、他の人よりも早くミスにも気づけることがあるので、アプローチにも活かしましょう。ただ、会議の場など人前で指摘するとプライドを傷つけてしまう危険性があります。メールなどでこっそりミスを教えてあげると、相手からの信頼感を得やすいでしょう。実際、「お礼に食事に誘われる」など、ミスのフォローが社内恋愛に発展するきっかけになっている場合も多いようです。3.ランチや帰りのタイミングを合わせる相手との関係を社内恋愛に発展させるには、仕事だけでなくプライベートの話題も話せるようになることが大きなステップと言えます。そこで、ランチや帰りのタイミングをさり気なく合わせて、仕事以外の話も投げかけてみましょう。お互いの共通点などがわかれば、アプローチの幅もぐっと広がります。社内恋愛で、気になる相手にアプローチする際には、仕事上での悩みや相手のミスなども案外きっかけとして生きる場合もあります。公私ともによいパートナーになれるよう、思い切ってチャンスを作ってみましょう。